読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんのたね

薬学や研究の話、くだらない話、愚痴などを書きます。

怠け者の節句働き

今年は年末年始にかけて論文のリバイス実験*1が忙しく、休みを返上して研究にあてていました。

 

年末年始に研究室に顔を出していたのは、私と、直属の上司であるassociate professor(准教授)と、ラボのボスであるprofessor(教授)くらいでした。てっきりこんな時くらいは褒めてもらえてもよかろうと思っていたら、「怠け者の節句働き」と罵られてしまったのが印象に残っています。

 

怠け者の節句働き故事ことわざ辞典より)

【注釈】いつも怠けていて働かないのに、人が休む日になると張り切って働き出す者をあざけって言う言葉。 「節句」は「節供」とも書き、一月七日・三月三日・五月五日・七月七日・九月七日などをいい、この日は働き者でも骨休みを常としていたことから。

【出典】-

【注意】「怠け者の節季働き」というのは誤り。

【類義】横着者の節句働き/極道の節句働き/怠け者の宵働き/野良の節句働き/無精者の一時働き

【対義】-

【英語】He is an afternoon farmer.(彼は昼過ぎからの農夫)

【用例】「真面目だとお褒めの言葉をいただいたが、怠け者の節句働きというやつで、日頃はさぼってばかりなんですよ」

 

そんなリバイス実験もようやく佳境を迎えて、やっと一息つける目処が立ちました。早く片付けてしまいたいと、草稿を英語に直したりしていたらすっかり夜が更けてしまいました。本当はこういう仕事は、朝早く起きてやるのがよいと思います。

夜は身体も疲れているので、ちょっとしたことをやっただけで疲労が溜まり、すっかり「仕事をした気に」なってしまいます。怠け者の節句働き、というのとちょっと似ているように思います。おそらく、朝起きて良いコンディションで仕事をすれば、同じ質と量で、疲労感はより少なく済ませられると思います。ですが、人はしばしば出来上がったモノではなく、自分の疲労感でもって達成感を感じてしまう。それが、夜更かしの原因になっているような気がしました。

 

こんなことを夜中に考えているようでは、いけないということです。

*1:科学雑誌に研究論文の草稿を投稿すると、大きく分けて3つの返答があります。reject--採択不可、accept--採択決定、そしてそれらの中間に位置するrevision(要校正)です。revisionになると、草稿の修正だけでなく、新たな実験の追加や、実験のやり直しなどが求められます。大抵は数ヶ月位を目安に期限が設定されており、期限内に再投稿すれば再び投稿の可否について検討される、という仕組みなっています。あくまで「検討」されるだけで、言われた通りに直したからと言って必ずしも採択される訳ではありません。