読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんのたね

薬学や研究の話、くだらない話、愚痴などを書きます。

再び研究生活

2月からの病院実習・薬局実習がようやく終わりました。前半戦は無限の道のりに思えましたが、後半戦はあっという間でした。 お薬の知識は、確かに増えました。自ら学ぶという姿勢がもう少しあれば更によかったのかもしれませんが、それでも耳学問の力です。…

梅雨入り

低気圧のせいでしょうか。最近、朝、研究室に出てこない学生がいます。 私も学部生のころは「何時に来ようとそんなの個人の自由じゃないか。給料もらってるわけでもないのだから」と考えていました。今でも、根本的なところで、考え方は変わっていないと思い…

大型連休の波は研究室にも

世の中は大型連休です。ラボの外だけの話かと思っていたら、意外にそうでもないようです。私がいるグループで今日来ているのは、先生と私と学部4年生の3人。6人のグループなのですが。こんなことで、いいのでしょうか。学生が遊びに行くのはまあ本業のような…

午前を持て余す

朝九時というのが私の中でラボに行く時間としてずっと定着していました。学部生の時は10時とか11時とかで、大変に怠けた学生だった(それは今でも変わらないかも知れませんが)のですが、修士の時に直属の上司が替わり「毎朝9時に来い」と言われたので半ば…

美しい推論をした研究が、いい研究なのだとおもう

四月になって、もう桜が散ったねなんて話していたら、もう中旬になってしまいました。新年度です。博士課程の二年生になりました。学部の四年生だった後輩は修士課程に入り、また新たに学部の四年生が研究室にやってきました。 新年度早々に嬉しいニュースが…

説得力について

近頃は(研究時間がとられるので、あまりよくないこととは思いつつも)研究室の外の人と関わる時間が多くなっています。7月まではこの状況が続くと思います。 人生経験も価値観も人それぞれ、というのは当然そうです。話す内容も、話し方も皆違う。ですが、…

Ngram Viewerが面白い

偶然ですが、googleのngram viewerという機能を発見しました。 ある単語が書籍の中(?)においてどのくらいの頻度で用いられているかを、時系列で表示してくれる機能があります。試しにknowって入れてみました。 上には1800年から2008年までの結果が示され…

桜が咲いていました

週末なので散歩などしました。昨日の話ですが。 30分ほど歩いてお茶の水の湯島聖堂(孔子廟)まで行きました。休日ですが人が少なく、落ち着いた雰囲気でした。東に向かって万世橋まで歩きました。途中、旧万世橋駅の高架を再利用した「マーチエキュート」と…

競争は研究不正の言い訳にはならない

研究発表で大切なことは何か、ということについてラボの学生同士で話していました。色々な意見が出ました。皆それぞれの案があって、いいなと感じました。研究発表のスタイルはもちろん人によって違うものですし、そこに面白さがあると思います。研究に完璧…

合格発表

昨日は母校の合格発表でした。 毎年、図書館横の銀杏並木に合格者の受験番号が掲示されて、それを観にくる受験生とそのご父兄、また大学の運動部による応援や胴上げ、さらに報道や見物の方々も押し寄せて、ちょっとした騒動になります。ですが、今年は図書館…

アミノグリコシド系抗菌薬と難聴(3)

このタイトルも3回目になりました。今日でしっかり終わらせたいと思います。 アミノグリコシド系抗菌薬はリボソームを標的とした抗菌薬です。細菌のリボソームに結合する一方で、ヒトのリボソームには結合しにくいという性質をもっているため「選択毒性」を…

アミノグリコシド系抗菌薬と難聴(2)

続きです。 ミトコンドリア遺伝子1555の機能 アミノグリコシド系抗菌薬によって引き起こされる難聴は、ミトコンドリア遺伝子の変異を持つ人においては、そうでない人に比べてより起こりやすいということを書きました。特に1555番目のDNAの変化が重要であると…

アミノグリコシド系抗菌薬と難聴(1)

今晩は、やらなければならないと思っていた仕事が実は解決済みだったことが判明したので、意気揚々とブログを書くことにいたします。 お薬の話は「死菌製剤」以来ですが、今回はお薬の話です。 お断り:私は曲がりなりにも薬学部を出た人間ですので、薬には…

怠け者の節句働き

今年は年末年始にかけて論文のリバイス実験*1が忙しく、休みを返上して研究にあてていました。 年末年始に研究室に顔を出していたのは、私と、直属の上司であるassociate professor(准教授)と、ラボのボスであるprofessor(教授)くらいでした。てっきりこ…

死菌製剤というのがあるらしい

『治療薬マニュアル』(薬剤師だったらみんな持ってる本。法学部のポケット六法のような位置づけだと思います)を斜め読みしていて発見したお薬があります。 エキザルベ というお薬で、その組成は <成分・含量(1g中)> 混合死菌浮遊液:0.166mL 大腸菌死菌…